春の中国史祭り

こんにちは。Sです。
以前から書いている孔子のことをそろそろ書こうかなぁって思ったんですけど、時間が空いたことで、またみなさんに紹介したいものがいろいろありましたので、今回はそれを紹介させてください。二つありまして、本とYou Tubeのチャンネルです。

一つ目の本は「古代中国の日常生活-24の仕事でたどる1日-」です。2022年2月に発売されたばかりの本です。この本では古代中国の24時間をいろいろな仕事にスポットを当てて紹介しています。この作品の優れたところは古代中国の生活を物語形式でえがいていることです。それも、かなり活き活きとえがかれており、まるで登場人物が目の前に現れて、彼ら彼女らの姿を通して本物の古代中国の生活を目の当たりにしているような錯覚に陥るほどです。若干オーバーに表現しましたのは僕がそれほどの衝撃を受けたからです。この衝撃は今までに読んだ本の中でも上位にくるものでした。たぶんトップ10には入りそうです。最近出た古代中国の生活をえがいた本としては「古代中国の24時間-秦漢時代の衣食住から性愛まで-」が有名ですが、こちらは上記の本を読んでから読むことをおすすめします。かなりの良作ですが、上記の本と同じく物語形式を取っているわりには説明文が多めで講義を受けている形式に近いので、古代中国にある程度の興味や関心がないと、読破は難しいのではないかと個人的には思っています。ただ、この本は、さすがは古代中国史の研究者が書いただけあるという感じで,微に入り細に入り、古代中国の生活がえがかれていて貴重な一冊です。もし、古代中国の沼にどっぷりハマっていただけたなら「中国古代の生活史」 (歴史文化セレクション)と「ある地方官吏の生涯-木簡が語る中国古代人の日常生活-」も楽しんで読んでいただけると思います。特に「中国古代の生活史」 の方は古代中国の生活史の古典に近い本なので、ここまで読まれる方は、ぜひ直接会ってお話がしたいレベルですね。古代中国史の話で盛り上がりたいです。ちなみに、古代中国ということで言えば、2022年の5月現在、古代中国の展覧会として「兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜」が全国4会場を絶賛巡回中なので、訪れてみることをおすすめします。京都、静岡、名古屋、東京ですね。個人的には漢代の兵馬傭にしびれました。秦の兵馬傭は、大学時代に、東京で兵馬傭展が開催されたときに見ていましたが、漢代の兵馬傭は今回初めて見たので印象深かったです。プラモみたいに組み立て式になっているんですよ。秦の兵馬傭は大型なので想像がつきますが、漢代の兵馬傭は縮小したのに組み立て式なんだって変なところで感心しました。古代のマニュファクチュアですね。組み立てられる前の傭も飾られていましたよ。それと、いらっしゃるかはわからないのですが、古代中国の思想に興味がある方は物語形式というか、対話形式で老荘思想を説明している「このせちがらい世の中で誰よりも自由に生きる自己啓発の到達点「老子」「荘子」の考え」もオススメです。この本も僕が衝撃を受けた本のトップ10に入ります。そのうち、僕が衝撃を受けた本のランキングとかも紹介させていただきたいですね。あっ、ちなみにこれも詳しくは説明しないのですが、最近読んだ本で、大漢和辞典を編纂した諸橋轍次先生の書いた「荘子物語」も面白かったので、お時間のあるときにみなさんもお手にとってご一読してみてください。

二つ目のYou Tubeチャンネルは「鳥人間 中国史三昧」です。このチャンネルは僕がいろいろと見てきた中国史系のYou Tubeチャンネルのなかで最も優れたチャンネルです。特徴としましては前近代を網羅する動画の種類とここを一番推したいのですが、地図を多用しているところです。中国史に限らず、歴史をやっていると、地理関係がわからずに悩むことが多々あります。だから中学では地理と歴史は並行して学ぶところが多いのかもしれませんね。それはともかくとして、このチャンネルは地図で地理関係を示して僕たち視聴者に、今話している内容がどこらへんで起こったことかを理解する手助けをしてくれます。ちなみに中国史関係の資料というか、文物というかそういうものもたくさん使われていて面白いです。個人的には、故宮博物院が作った清の雍正帝のコラ画像と、北宋の狄青のフィギュアがお気に入りです。さらに、このチャンネルは基本的に人物史が中心的なのですが、社会・経済史まで取り上げて説明してくれるので、各時代の中国史を楽しく学ぶことができます。まず入門として、明の万暦帝の動画などはいかがでしょうか、と言いたいところなのですが、僕のような仕事をしている人が明の万暦帝をおすすめするのはちょっと気が引けるので、唐の太宗 李世民の動画などはいかがでしょうか。少し前に、「100分de名著」で紹介されていた「貞観政要」の主人公的ポジションの人です。隋唐交代期に英雄として活躍する物語から玄武門の変での苦悩、さらには貞観の治と呼ばれる優れた政治を行った名君としての姿まで太宗の波瀾万丈の人生はみなさんを魅了することでしょう。また、番外編として、唐の太宗のパーソナルな部分に焦点を当てた回も面白いですよ。特に隋末唐初の混乱期の活躍は、地図がないと、ちょっと理解しにくいという僕の言葉を実感していただけるでしょう。
このチャンネルはぜひおすすめなので一度見てみることを推奨します。

さて、今回はこの辺にしておきます。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日時:2022年05月23日 10時48分18秒

ポップな話「抗えないということ―ヘッドスパ―」

お世話になっております。
本日は疲労回復についてふれたいと思います。

わたしくしめは,不定期にドライヘッドスパに行っております。
ヘッドスパですが,肩や肩甲骨の周りもほぐしてくれます。
施術を受けると,わたしくめはいつもよりぐっすり眠ることができるので大変満足しております。

施術中も眠ってしまうのですが,毎回,「気持ちいいから眠ってしまうのだけど,眠ってしまうとプロのわざを実感できない…」と悔やんでおります。
何とか起きていようと抗うのですが,気づいたときには,ひと眠りして起きた後なのです。
プロのわざはすばらしいです。わたくしめの好奇心では太刀打ちできません。

個人的な意見ですが,マッサージなどに行くと,自覚していなかったような不調に気づくこともあります。
お忙しいとは思いますが,ご自愛ください。

今年度も啓明舎をよろしくお願い申し上げます。

NK

投稿日時:2022年04月30日 12時47分01秒

ゴールデンウィークの休業日のお知らせ

平素は格別のご高配賜り厚く御礼申し上げます。

4月29日(金)および5月3日~5月5日は休業日となります。

ご不便おかけいたしますが,何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿日時:2022年04月30日 12時41分56秒

悩ましい手土産

こんにちは。まごべえです。
4月になり,新年後がスタート。
名古屋は桜が満開です。

さてさて,
当社では遠方の版元さんなどへごあいさつ等で伺う際には,
何かしら手土産を持っていきます。
これがいつも迷います。
というのも,「手土産に持っていく物は,自分で食べたことがない」
というケースがままあるからです。
駅のキヨスクで「名古屋土産ならコレ」だとか
「売れ筋ナンバーワン!」的なポップを見ても,
古くからある銘菓とかならまだしも,
イマドキのお土産になるお菓子などは
わざわざ自分用に買って食べる習慣がありません。
かといって,普段食べているような「地元のお菓子」ですと
お値打ちかつ庶民的すぎて,「よそいき」感がイマイチ…。
(コレ,「なご○ん」を想定しております。味は「ひよこ」とほぼ同じですが,
リーズナブルで個人的には大好きです。よく安売りしてるし。)
―でもって,手に取るのは結局いつもの「安心の定番」系…。

いやいや,
版元の皆さまに「またこれかよ…」と思われたとしても,
おいしく食べていただければ何よりでございます。。。

ではまた!

まごべえ

投稿日時:2022年04月04日 09時55分56秒

ポップな話「『からい』に支配されるということ」

お世話になっております。
本日はストレス発散方法について触れたいと思います。

最近,知人から「ストレス発散には登山がよい」という情報を仕入れました。

知人いわく,
「登山中は苦しさで思考がいっぱいになるので,ストレスの原因になるようなことを考えるすきがない。
よって,ストレスから解放される。それがストレス発散になる。」
とのことです。

実は,わたくしめも似た経験があります。

わたくしめはからいものが好きなのですが,忙しいときや疲れているとき,特に食べたくなります。

ある日,台湾ラーメンを食べた後,非常に気分がよいことに気づいたことがありました。
食事中はずっと「からい」「口が痛い」「口のまわりが痛い」と言っていました。
もちろん思考もその3つでいっぱいでした。

この知人の情報を聞いたとき,
「あの台湾ラーメンを食べたとき、
思考と感覚を『からい』に支配されたことでストレスから解放されていたから,
食後に非常に気分がよかったのだ…」
と思い当たりました。

真偽はわかりませんが,
ストレスから解放されるには原因から離れることが大事だと耳にしたり,ネットで見たりします。

気分転換にほかのことをしたくてもなかなか集中できないとき,激辛料理のことを考えてみてください。
(からいものが苦手な方は無理しないでください)

そもそも登山好きな方やからいもの好きな方には,ずれた内容かもしれません。
あくまで個人の経験ということでご容赦ください。

NK

投稿日時:2022年03月25日 21時41分08秒

星の数ほどの「評価」

こんにちは。まごべえです。

今,いろいろな日常のシーンで
「評価」があふれています。
★の数で,お店も料理も映画も,
あらゆる人の「評価」にさらされています。

というのも,実は個人的に公開前から気になっていた映画が,
公開早々,ネット上で酷評されていると知り,
(それでも)見に行きました。
(あえて作品名は書きませんので,抽象的な話でスミマセン)

見に行く前に,すでに見た人の評価にざっと目を通してみると,
「★のつけようがないくらいひどい」(「金返せ」的な)
というコメントもあれば,
5点満点中の★3つ,4つあたりをつけている人もいます。
中にはさらっと,
「これは好き嫌いがはっきりする作品でしょう」
とコメントしてる人も見受けられます。
冷静な印象で,好感持てますね。

まぁ,何事においても
期待値が大きいと,がっかりしたときのショックも大きくなりますが,
前評判の期待値が高すぎるのでは,とも思います。
私なんぞは,あまりに低評価だと
「どんなにひどいんだろう」と
「怖いもの見たさ」感が先に立ってしまうこともある性格ですが。。。

近ごろでは「炎上商法」なんてのもありますから,
わざと一定のリスクを負ってでも話題になればよし…という
ドM的な発想もできなくはないわけですよね。
めんどい…

―ところで私の映画の評価,ですか?
 う~ん,★3.5かな(悪くはないけどビミョウ…)

もちろん,世の中には
「誰から見てもダメ」ということもあるわけで。
ことに仕事の面では
少数であってもそんな評価をいただくことのないように
今週もお仕事がんばります。

ではまた! まごべえ

投稿日時:2022年02月21日 11時19分02秒

イマドキの営業活動

こんにちは。まごべえです。
2月は立春を過ぎたあたりから,一段と寒くなりましたね。
皆さま,おかわりないでしょうか。

さて,コロナ禍は相変わらず続いておりますが,
そんな中でも私たちは日常生活を営み続けています。
もう慣れたこと,どうも慣れないこと,
いろいろとモヤモヤはありますけど,
毎日をしぶとく生きていくしかありません。

さて,
弊社も民間企業である以上,
営業活動を行って,取引先やお仕事を広げていくことが大事です。
コロナ以前でしたら,アポとって出向いてお話しして…が当たり前でしたが,
いまやそのスタイルは,そう簡単にできるものではありません。

今できることといったら,
主に電話やメールでのごあいさつや,ご機嫌伺いでしょうか。
―これがなかなか不自由です。

それでも,久しぶりにお声を聞いたり,
メールでのやりとりができたりすると,
あぁつながっているんだな~という(一方的な)安心感と,
なるべく早い時期にお会いしたいなぁという気持ちがつのります。

お互いに,はっきり「いつ」とは言えませんが,
またコロナ禍の間隙を縫って(!),
皆さまにお会いしたいと思います。
そのときは,よろしくお願いします。

まごべえ

投稿日時:2022年02月17日 10時19分43秒

弊社の創業者が亡くなりました

寒中の候,いかがお過ごしでしょうか。

本日は悲しいお知らせがあります。

1981年の弊社の創業以来,40年近く代表を務めてまいりました
前・代表取締役の野田滋昭が,病のため,
昨年12月3日に逝去いたしました。

ここに生前のご厚誼を深謝するとともに,
深い哀悼の念をもって,皆さまに
お知らせ申し上げます。

なお葬儀は近親者のみで執り行われました。

控えめで目立つことを好まない故人の性格ゆえか,
静かに旅立っていきました。
残されたものとしては,しっかりお別れできなかったことが
悔やまれてなりません。
故人を知る方であれば,きっと同じ思いをお持ちかと
お察しいたします。

寂しくなりましたが,
きっと故人は空の上から
私たちのことを見守っていてくれるものと信じて,
社員一同これからも歩んでまいります。

「ありがとうございました。」

代表取締役 栗木一幸
社員一同

投稿日時:2022年01月18日 10時22分35秒

歴史のお年玉

あけましておめでとうございます。Sです。前回までは「孔子と論語」について書いていました。しかし、今回は一年の初めなので趣向を少し変えまして、去年一年で出会った歴史のYou Tubeチャンネルやドラマについて話をさせてください。
まず、You Tubeチャンネルについてです。今、僕が一番注目しているチャンネルが「古代ローマが面白い」です。名前の通り、「古代ローマ」をテーマにしたYou Tubeのチャンネルです。ポエニ戦争やガリア戦記など、古代ローマ史では定番の内容だけではなく、ミトリダテス戦争やカティリナ弾劾など、少しマニアックな内容までわかりやすくまとめてくれています。さらに古代ローマの食事やローマン・コンクリート、ウェスタの巫女についてなど、多岐にわたるテーマをさまざま取り上げています。古代ローマ史を全然知らない初心者からガチ勢まで楽しめること請け合いのチャンネルです。初めて見るときにオススメの動画を一つ上げるとしたら「ガリア戦記①」を見てみてください。あの有名なガリア戦記の冒頭を丁寧に、しかし、チャンネル運営者の独自の解釈も紹介しながら説明していて、とてもおもしろいです。

次に、歴史ドラマについてです。去年見た歴史ドラマで一番面白かったのは「項羽と劉邦」です。実はこの作品は以前に紹介した「三国志 three kingdoms」を制作した高希希監督の作品です。この監督の作品は単純に面白いだけではなく、独自の歴史解釈や人生訓まで含んでいてとても素晴らしい監督だと思っています。この作品の一番の見どころは劉邦の描き方です。「項羽と劉邦」はもともと「史記」や「漢書」で描かれている紀元前3世紀の争いです。この時代を題材にした作品としては司馬遼太郎や横山光輝の「項羽と劉邦」が日本では有名だと思います。先に申し上げておきますと、司馬先生も横山先生もどちらもすばらしい作家で、お二人の「項羽と劉邦」も必見の作品です。しかし、上記の作品を見ても、おそらく、なぜ劉邦が項羽に勝てたかはしっくりとこないと思います。少なくとも僕はこなかったです。その点は「史記」と「漢書」も同様です。しかし、高希希監督の「項羽と劉邦」を見れば、一つの答えを得られると思います。決して、それが唯一無二の正解だとは思っていませんが、この作品ほど、劉邦と向き合った作品を寡聞ながら僕は知らないです。いきなり高希希監督の「項羽と劉邦」から見ると、たぶん話が難しいと思いますので、司馬先生か、横山先生の「項羽と劉邦」を見てから高希希版の「項羽と劉邦」を見ると、見た人それぞれの劉邦が現れると思います。この点については、また回を改めて話せたらとおもっています。
今回はここまでにしておきます。今年一年楽しめる歴史のYou Tubeチャンネルとドラマを紹介させていただきました。ありがとうございました。

投稿日時:2022年01月11日 16時34分28秒

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。

誠に勝手ながら弊社では下記の期間休業とさせていただきます。

2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)

明くる年も変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げます。 年末のあいさつとさせていただきます。

投稿日時:2021年12月27日 17時42分23秒
ページトップへ